ポーランドでの会社設立について何を知る必要がありますか? 外国人投資家の主な質問18歳以上





オルガグループ事業投資法►本日の動画トピックは「ポーランドでの起業に関する5つの質問」です。お問い合わせが多く、よくある質問もあるので、本日はあなたに答える動画を作ることにしました。質問。 Q1ローカルパートナーが必要です。答えはノーです。ローカルパートナーは必要ありません。 外国人は誰でも制限なしに#polandに会社を設立することができます。 Q2現地取締役が必要ですか会社に現地取締役を雇用する義務はありません。 どこからでも誰でも会社の取締役になることができます。 Q3現地スタッフを雇用する必要があります。希望がない限り、企業が現地スタッフを雇用する義務はありません。 Q4取締役に採用された場合、給与は必要ですか取締役会のメンバーや取締役に給与を請求する義務や要件はありません。 Q5ポーランドで会社を開くには#visaが必要ですか?会社が遠隔地で登録されている場合は必要ありません。個人的にポーランドに来て会社設立プロセスに参加したい場合は、次のビザが必要です。ポーランドに入ります。 シェンゲンビザをお持ちの場合は、会社設立の目的でポーランドに入国できます。 それが今日のすべてです。 ポーランドでの会社設立の詳細については、下から企業#businessを専門とする専門家チームにお問い合わせください。 またね。 #investmentinpoland #businessinpoland #companyformationフォローする:Facebook►Instagram►Linkedin►Twitter►Сooperation:info@orugagroup.com ORUGA GROUPは法律事務所であり、ポーランドへの外国投資の専門家です。 私たちはポーランドや他のEU諸国で企業登録の複雑な法律サービスを提供しています。 私たちの主な活動は、会社法の実践、投資サービスの提供、ヨーロッパへの投資に関する法律顧問の提供です。 オルガグループが提供するもの:-ポーランドへの法律および移民サービス-ポーランドでの事業登録-複雑な法律サービス-ポーランドおよびEUへの事業移民-居住許可-ポーランドでの不動産購入および投資当社のチャネル「オルガグループ-会社法および投資サービス」 “、あなたは知るようになるでしょう:ポーランドへの投資、あなたのお金をどこに投資するか、EUで会社を始める方法、ポーランドの代替不動産、そしてビジネスを始めることについてのいくつかのアイデア。 。

source