10,000ドル未満で制作会社を始める方法:何を買うべきですか?





10,000ドル未満で制作会社を始めるにはどうすればよいですか? 始めるには何を買うべきですか? どうやって制作会社を始めてお金を稼ぎ始めますか? 制作スタジオを始めるための基本事項と、10,000ドル未満で映画会社を始める方法について説明します。 制作会社を始めるとき、カメラパッケージを選ぶことは非常に重要です。 カメラがないと動画は作れません。 映画会社を最初に始めたとき、あなたはハイエンドのシネマカメラのために湧く必要はありません。 キヤノンC100やソニーFS5のように、美しい1080pの映像をキャプチャできる手頃な価格のオプションがあります。 制作会社を始めるには、カメラ以上のものが必要です。 小さなサウンドパッケージ、cスタンドや土嚢などの一般的なグリップギア、およびフッテージを処理できる堅実な編集セットアップで予算を立てる必要があります。 10,000ドル未満にとどまることが推奨される機器の下にリンクがあります。 このレビュービデオで使用されているテクニックについて質問がある場合は、コメントでメモを送信してください。 Film Jamsシリーズで、10,000ドル未満で制作会社を立ち上げる方法:何を購入する必要があるかをご覧いただきありがとうございます。 ================================================== == **チャンネルを継続するには、あなたの助けが必要です! フィルムジャムのパトロンになることを検討してください-++私たちのチャンネルに登録してください:-このビデオを共有してください:** Instagramでフィルムジャム:このビデオに示されているギア:-Canon C100:-Canon EF 24-105mm F4L IS:-Manfrotto 504HD :-Sennheiser MKE 600:-LyxPro MPL-20ブームポール:-RODE Wireless Go:-Quasar Science Q-LED T8:-ハードケース(5バルブ)-Impact1K調光器–Neewer1x1バイカラーLED:-Wescott 18×24インチフラッグキット:-アルミニウムライトスタンド:-Cスタンド:撮影に使用するその他の機器:カメラ-キヤノンC300:-キヤノンEOS R:-キヤノン5Dマークiii:-ソニーA7III:レンズ-キヤノン24-105mm-(メインインタビュー)-キヤノン100mmマクロ-(製品ショットとCU)TRIPODS -Sachtler-MICS -Sennheiser 416-ライト:-Litepanel Astra 6x–Kino Flo Diva LED–PHOTO GEAR -Profoto Beauty Dish–Profoto D2500ストロボキット- Canon 5D mkIII — Profoto Air Remote-撮影場所:フロリダ州サンクトペテルブルクサンクトペテルブルククリアウォーターフィルムコミッションデジタルクリエータープログラムへの特別な感謝免責事項:このビデオの説明には、アフィリエイトリンクが含まれています。 hichは、製品リンクの1つをクリックすると、少額の手数料が発生することを意味します。 それ以上の費用はかからず、チャンネルをサポートするのに役立つので、このような動画をさらに作成し続けることができます。 ご支援いただきありがとうございます! #StartAProductionCompany#HowToStartAProductionCompany#StartingAFilmStudio。

source